私はこうして退職した


病院を辞めたいのに辞めさせてくれない・・。
看護師の世界ではよくあることです。

例えば、
自分が辞めたら、シフトが回らない。
同僚の看護師に迷惑がかかる。
退職まで6ヶ月かかると雇用契約に書かれている。
奨学金のご奉公で辞めれない。


病院を辞めれないとき、
「私さえ頑張れば・・・」
「私さえ耐えれば・・・・」
「私さえ犠牲になれば・・・」
と考えてしまう看護師は結構います。

こうした自己犠牲は、看護師の職業病かもしれません。

だけど頑張る必要も、耐える必要もありません。

あなたが辞めたい時に、辞めればいいのです。

あたなたが今の病院を辞めたいのは、あなたが原因ではないからです。
病院のシステムだったり、文化だったり、人間関係だったり、他人の問題が大きいからです。

特に看護師が辞めたいと思うのは、病院の体質に問題があるケースがほとんどです。

経営側は看護師が「働きたい!」と思う現場を作らなければいけません。
しかしあなたが辞めたいと思うのであれば、それは経営側の責任だと言えるでしょう。


辞めないと皆が不幸になる


今の病院で退職まで働くイメージができますか?

多くの人ができないと思います。

そういった場合、かなりの確率で、遅かれ早かれ病院を去ることになります。
それが3カ月後か、半年後か、1年後かは分かりません。

人間は一度辞めたいと思ってしまうと、辞めたい気持ちがドンドン強くなっていきます。
コレは恋愛と同じで、彼氏が嫌いになって別れたいと思ってしまうと、別れたい気持ちがドンドン強くなっていき、彼氏の悪い面ばかり見えてしまった経験はありませんか?

このまま病院に残ったとしても病院の悪い面しか見えなくなるでしょう。
あなたの中では最悪の病院になっているはずです。

そうなる前に病院を辞め、自分も病院も良い状態で退職したほうがお互いのためにもなります。


どうしても辞めさせてもらえないとき


今、看護師の退職引き止めが問題になっています。

看護師が一人辞めるとシフトが回らなくなり、連鎖的に人が辞めていくため、病院側は必死に退職を引き止めます。
ただその引き止められた看護師は、病院に対する不満と早く辞めたいと言う思いから、精神状態が不安定になっていきます。
さらに重症化すると仕事にも支障をきたすようになり、誰も得をしない状況が生み出されるでしょう。

そうなる前に退職を検討してください。

でもどうしても辞めさせてもらえない・・・。

そんなときは、自分だけで悩むのではなく、誰かに頼ってみてください。
両親だったり、看護師仲間だったり、看護学校の友達だったり、幼馴染だったり。
看護学校の先生に連絡を取ってみるのもいいかもしれません。

特にオススメなのが、転職サイトのアドバイザーに相談する方法です。

転職アドバイザーは、一人で年間何十人もの看護師をサポートしているため、退職に関するノウハウも豊富です。
愚痴を聞いてくれるだけではなく、あなたの事例に合った有効な対策を考えてくれるでしょう。

ただし転職エージェントは、実力によって大きな差があるため、それなりの目利きは必要になります。

サポート力や交渉力など、実績のあるエージェントを選びましょう。
参考記事:転職エージェントを辛口評価したランキング




私はこうして退職した 事例1

私は社会人になってから看護学校に入り、看護師になりました。
その時に地元にある総合病院に就職が決まります。
手術室、外科の一般病棟、脳神経外科で合計12年ほど働いていました。
今は40代で、子供が3人います。
8年ほどの間に二人の子供を産んで、それぞれ産休と育休をとりました。

どんな病院だった?

地方の、それほど大きくも小さくもない総合病院でした。

その総合病院を退職した理由は?

子供を抱えながら夜勤をしているのが大変だったからです。夜勤のたびに、子供に寂しい思いをさせていたのが一番辛いことでした。小さい子供がいても、部署内で大変な役割を任せられたり、このままいくとどんどん仕事一辺倒になっていきそうでした。研修や勉強会も多く、仕事以外でも出ていかなければならないこともたくさんあったので、家庭の方がおろそかになっていると感じていました。働きやすい環境を作ろうともしない病院のあり方にもだんだん嫌気がさしてきて、やめることにしました。

総合病院はスンナリ辞めれた?

いえ。結構引きとめにあいました。
ちょうど看護師が何人も退職した時期で、シフトが全然まわっていなかったからです。
家庭の状況や育児を退職理由にしても「何とかあと1年。何とかもう少し」と引き伸ばされました。
たぶん私が辞めると他の看護師が辛い思いをします。
だから私は1年耐え続けました。
そして1年経った頃、もう一度退職したいと婦長さんに伝えます。
でも答えはまた「何とかあと1年。何とかもう少し」と引き伸ばそうとするのです。
流石に私もあきれてしまい、少し強引に退職することになりました。
実際に退職できたのは、最初に申し出てから1年と2カ月ほどがたったころです。

病院を辞めた後、どうやって転職先を探した?

退職することを公にした時に、以前一緒に働いたことがあった先輩の看護師から「私が働いているところに来ない?』と誘われたのがきっかけです。

次はどんな病院?

声をかけてくれた人とはまた違う、先輩の看護師が個人的に建てたという、有料老人ホームです。主にデイサービスをしている、最大でも20人ほどしか受け入れていないという施設です。

総合病院を辞めて、転職してよかった?

オーナーをしている、先輩看護師も小さな子供がいながらで、私の家庭環境のことも理解してくれて、働くのも子供に支障が少ない昼間だけの時間で良いといってくれたので、仕事をしながらも、家庭をおろそかにすることもなくなったのが一番よかったと思っています。施設での仕事は医療行為はほとんどないため、かつてのような緊張感もなく、利用者の方達と笑って毎日過ごせるのが、信じられないような感じです。同じ看護師でも場所によってこんなに違うんだという感じです。

転職メリット・デメリット

メリットとしては、自分の理想とする働き方により近くなるということがあると思います。気分も心機一転、頑張れますし。その一方で、やはり新しい場所は何事にも慣れるまでが大変、というのがデメリットかもしれません。新しいことを覚える大変さは、同じ病院内でも部署が違えば全く違うことを考えれば、施設が変わればそれはより大変な事だと思います。

転職したい看護師にアドバイス

転職するときに、何に重きを置いて考えるかで、選択肢も変わってくると思います。給料なのか、勤務形態なのか、勤務地なのかなどなど人それぞれだと思います。自分の希望の全てを網羅することろはなかなかないと思って、自分の中で一番大切にしたい条件をよく見据えることが大切だと思います。