Home > 私はこうして辞めました! > 「病院を辞めさせてください!」と言った看護師が嫌がらせを受けた事例

「病院を辞めさせてください!」と言った看護師が嫌がらせを受けた事例

看護師歴は11年ほどの40代主婦です。
最初は新卒で総合病院に5年勤務しました。
その後ウェディングプランナーに転身するも2年で看護職に復帰。
現在は育児をしながら週に1度のパート看護師です。

新卒で入ったのはどんな病院?

救急医療が発展していた市民のための総合病院です。
地方都市でしたが、その辺りでは一番大きな病院でした。


総合病院を退職することになった理由は?

入職3年目にすでに辞めたいと常々思っていました。
始めは“燃え尽き症候群”のように一生懸命になりすぎて疲れてしまったのが一番の原因です。
その後、同期の働く姿に感化され2年間頑張るも、日に日にきつくなる自身の性格が嫌になったこと、独身先輩のようにお局になりたくなかったこと、そして“患者様をお看取りする”ことが苦しくなってしまったこと。これらを理由に逃げるように辞めました。

スンナリ辞めれた?

引きとめにあいました。
最初は看護師長に相談したのですが、その次の日に部長から呼び出され説教されました。
「キミがここまで成長するのにどれだけ金を使ったと思ってるんだ!」というような感じです。
「ようやく一人前に働けるようになった矢先に辞めるなんて、世話になった病院に立て付くようなもんだ!」とも言われました。
それでも私の意志は固く「どうしても辞めたい」という姿勢を貫きました。
そうすると次は理事や医院長にまで呼び出され説教されることに・・・。

でもちょうど転職活動でお世話になっていた転職コーディネーターの方に相談したら、間に入ってくれ何とか病院を辞めることができました。
でも退職が決まってから、実際に退職するまでの2ヶ月は周囲も私に気を使い微妙な空気になってしまい、何度も嫌な思いをしました。
そのとき参考にした記事

転職先を探し方

一度一般社会にでましたが、やはり自分には看護が向いていると再認識し、求人誌(フリーペーパー)と新聞の折込チラシと毎日にらめっこし転職先を探していました。
ただなかなかいい求人が出ないため、転職コーディネーターの方にお任せして探してもらうことになります。

どんな病院に転職したの?

二つの病院にパートで入職しました。一つは総合病院の夜勤専従、もう一つはクリニック中心の有床診療所へ。
3ヶ月ほど働き有床診療所の社員になりました。

転職してよかった?

良かったと思います。総合病院では学べない地域密着の医療を学ばせてもらいました。
また、外来患者さんの経過を見ていくことも楽しかったです。

転職メリット・デメリット

もともと市民病院の職員でしたのでお給料がとても良かったので、お給料は減りました。
そして、総合病院の職員は何かとまもられているのだなあということも感じました。
ただ、個人クリニックは温かい雰囲気で気楽でした。

転職したい看護師にアドバイス

転職してもしなくてもメリット・デメリットはたくさんあります。
転職しても自身に合わないかも知れないという覚悟は持つといいと思います。
その上で、良くなることを願って転職してみてはいかがでしょうか。
一つの場所だけでなく他の環境に身をおく事は自身の成長にも繋がるのでいいと思います。